オンライン英会話のデメリット~初心者はやってはだめです~

デメリット

こんにちは。ブログ「とんこつうどん」のじょーじです。今英会話学習者の間では人気の勉強法となっているオンライン英会話ですが、メリットも多い反面オンラインならではでのデメリットもありますのでご紹介します。メリットに関しての記事はこちら

オンライン英会話のデメリット

  • 人気講師は予約が取りづらい
  • 講師の質にムラがある
  • カリキュラムがないことが多い
  • 初心者にハードルが高い(完全ネイティブ講師の場合)

人気講師は予約が取りづらい

世の中には多数のオンライン英会話がありますが、そのほぼすべてに共通することは人気講師の予約が大変ということです。私が受講している人気講師の先生も週末に翌週のスケジュールをアップされるのですが、受講しやすい時間帯(夜21時~23時頃まで)はほぼほぼ当日中に埋まってしまいます。

予約のシステムなどにもよりますが、超人気講師は「今日今からレッスンを受けたいから受ける」ということはなかなか難しいのが現状です。

ただ、予約のとりづらさは「講師の人気」に直結する指標でもあるので、人気講師を探す際の一種の参考としては役に立つ思います。

講師の質にムラがある

オンライン英会話では世界各地に講師がいる為、講師の採用に際して簡単にオンラインで面接を済ませているところが多いです。そしてレッスン内容に関しても基本的に講師に任されているところが多く、講師の質はかなりピンキリだと思います。
中には授業以外のことを同時並行でしながらレッスンする教師や時間にルーズな講師など、問題のある講師も存在するようですので、講師選びは慎重になる必要があります。

ただ最近ではMBAや博士号保有者、ビジネス経験が豊富なトレーナーを厳選しているビズメイツや、講師全員が国家資格の英語指導資格(TESOL/TEFL)をもったvipabcなども出てきているので英会話教室によっては質の高い講師をそろえているところもあります。

カリキュラムがないことが多い

オンライン英会話に関してはカリキュラムはあってないようなものです。大手英会話スクールには「〇〇メソッドで速攻上達!」みたいなものもあるようですが、授業内容はやはり講師に任されている為、使用されていないことが多いようです。

ですのでオンライン英会話に関しては初めから目的を絞った学習(スピーキング時間を増やしたい、使える語彙を増やしたい、ネイティブの表現を知りたい、TOEIC対策のリスニング練習がしたい、等)をすることが大事で、教室に任せていれば自然に英語が上達するということはほぼないと思います。

初心者にハードルが高い(完全ネイティブ講師の場合)

英語学習の初心者の方にまず一歩目としてオンライン英会話はまず勧められません。

なぜならオンライン英会話を受講すること自体に基礎的な英語力が必要となるからです。いきなり日本語の通じないネイティブの授業を受けることは、野球未経験者がいきなりプロ選手と練習試合を組むようなものです。。

いきなり授業を受けたところでこんな状態になります。

  • 学びたいポイントを伝えられない
  • わからないところがあっても英語がわからず聞けない
  • そもそも講師の英語が聞き取れない

みたいな感じで 苦労は多く、得るものはほぼありません 。ネイティブの授業を受けるのは少しだけ英語を話せるようになってからがおすすめ。

「でも勉強は嫌いだから最初から講師に教えてもらいたい!!でもオンラインがいい!!」

という人もいるでしょう。そんな方には日本人or日本語ネイティブの方の講師のみで構成されているオンライン英会話がおすすめです。

日本人講師であれば、学習の進め方も相談できます。日本語で質問もできる為授業もスムーズ。疑問点もその都度日本語で解決しながら実りの多い授業を受けることが可能です。

下記が私のおすすめのオンライン英会話「ワールドトーク」です。
ほとんどの講師の方が日本人で、比較的質も高いように思います。
無料体験もありますので、一度↓から試してみてはいかがでしょうか。

格安で日本人講師とオンライン英会話「ワールドトーク」

まとめ

この記事ではデメリットばかりまとめてきましたが、オンライン英会話は本当にメリットも多く、特に日本人英語の弱点であるリスニングとスピーキングを鍛えるには一番コスパのいい方法です。デメリットをうまく理解しつつ、自分の英語学習のなかにオンライン英会話を取り入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました